たるんできたら加圧トレーニング~憧れの引き締めボディ~

Exercise

短時間で効率的に鍛える

トレーナーの指導が必要

Exercise

加圧トレーニングとは、筋肉の血流量を抑えることで、あたかも筋肉に高負荷がかかっているように勘違いさせて、効率的に鍛えるトレーニング方法です。具体的には四肢の付け根にゴムバンドやベルトをかけて、血流量を調整して行います。したがって長時間のトレーニングは、皮下出血や静脈血栓を引き起こす場合もあるため、素人がいきなり始めるのは望ましくありません。最初は必ず専門トレーナーの指導を受ける必要があります。また高血圧や心臓に持病がある人は、事前に医師への相談が必要です。またお手軽に身体を鍛えようとか、ダイエットしたい人にも向きません。本来のトレーニングがあるから加圧トレーニングの効果の上乗せがあるからです。

リハビリにも効果あり

加圧トレーニングは、高負荷トレーニングと同等の効果だけを得られるのではありません。同時に持久力も鍛えることができます。しかも実際には筋肉に高負荷を与えていないため、疲労が少なくあとに残りにくくなります。したがって以前よりもインターバルをあけずに、トレーニングが可能になります。また加圧トレーニングは、リハビリにも応用が可能です。例えば椎間板ヘルニアの手術後のリハビリに取り入れることで、より効率的に足腰を鍛えることができます。これは寝たきりの人や、怪我した箇所以外の筋肉を鍛えたいアスリートに対しても、適用ができます。現在加圧トレーニングは多くの競技者団体にも普及しており、着実に実績を積み上げています。